勉強して夢叶った!体験談集

ホームヘルパーについて

心身の身体の障害等の理由により、日常生活を送るのが難しい方、高齢者や障害者の家族を訪ね、身体の介護や家事のサービス、お手伝いをする人のことをホームヘルパーといいます。

ホームヘルパーの主な仕事は、食事、排せつ、衣類着脱、入浴、洗髪、通院等の介護、調理、衣類洗濯、掃除、生活必需品の買い物、などがあります。
現代は、核家族が増えていて、親との同居率が低く、高齢者夫婦、高齢者の独り暮らしも増えています。
そのような中、高齢者が寝たきりになったり、認知症になった場合、一人、二人で介護するのはとても難しく、介護している側が過労になったり、精神的に疲れてしまう場合があります。
このような場合ホームヘルパーの助けがあることで、問題がとても改善されることが多く、高齢化が進んでいる今、ホームヘルパーは、とても必要になっています。

ホームヘルパーには、3級〜1級までありそれぞれ可能な業務内容に違いがあります。
もっとも需要があり、人気があるのがホームヘルパー2級です。
3級が家事援助しかできないのに対し、2級からは身体介護ができるからです。
2級は実務経験がなくても受講が出来るというのも人気の理由です。

ホームヘルパーになるには、一般的に2級課程を取得する人がほとんどです。
2級を取得するためには、講義、実技講習、実習を受ける必要があります。
講習は、自治体や社会福祉法人、生協や農協などの公的受講機能などがあります。
通信講座でも、資格が通信と通学を受ければ取得できるので、時間の余裕がない人はこちらがおすすめです。