勉強して夢叶った!体験談集

簿記にとって

企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録、計算、整理して経営成績と財政状態を明らかにする技能のことを簿記といいます。
簡単にいうと営利を目的とした事業の帳簿の記帳法を学ぶのが簿記です。
簿記検定は、受験制限もなく合格したからといって機関への登録もありません。
高校生でも受けられる資格なのです。

簿記のメリットは、まず、会社での収入や経費の流れが数字でわかるようになります。
また、就職、転職で有利になります。
簿記=経理というイメージがありますが、企業は利益を上げることを目的としているため、あらゆる場面で簿記の知識が必要とされます。
社内での評価も上がり昇給、昇格などステップアップの可能性もあります。
独立開業を考えている人にもとても便利な資格です。
開業するための準備の一つである融資の事業計画書の作成や日々の帳簿付け、確定申告の際にも簿記の知識は役立ちます。

簿記検定は、1〜4級まであり特に2級、3級を取得する人が多くいます。
3級は、がんばれば独学でも合格できる内容で、気軽に学ぶことができるといえます。
2級は、3級を合格していることが受験の条件となり、独学ではなかなか難しくなる内容となっています。
仕事をしている方、主婦の方などには、空いている時間で学ぶことができ、わかりやすく疑問が出たら質問してすぐ答えが出る、通信講座をお勧めします。

簿記は、一度資格をとれば一生の資格となります。
また、華やかな資格ではないものの、さまざまな企業、職業に役に立つ資格です。
自分のステップアップの為にも、簿記検定はおすすめです。