勉強して夢叶った!体験談集

資格の種類と選び方

国家資格・公的資格・民間資格など資格もさまざまな種類があり、人それぞれ資格を取る目的も違います。
就職の為・転職の為・キャリアアップの為・趣味の為などいろいろな目的があるでしょう。
その中でも職業に一番近くつながっているのが「国家資格」です。

「国家資格」は、法律に基づいて、国が能力・知識・技能などが一定水準に達していることを認定します。
とても難しい資格が多く取得するのは困難ですが、資格があればすぐ職業につながります。
資格がなくては、仕事を行うことができないものもあります。

「公的資格」は、国家資格と民間資格の中間に位置付けられている資格です。
地方自治体や公益法人・民間団体などが試験を行います。
資格をとれば必ず職業につながる資格ばかりではありませんが、一定の能力を証明することで、就職・転職・キャリアアップに活用できます。

「民間資格」は、民間団体や企業が独自の審査基準を設けて認定する資格です。
業界によって一定の能力担保がされているものもあります。
個性的な資格も多く、現代社会の中でこのような人材が求められていると企業や団体が判断し、受講や検定試験などを実施して、人材育成に取り組んでいるところもあります。

このように、資格といってもいろんな種類があります。
就職を目的にした資格であれば、国家試験のように社会的によく知られ、難易度が高い資格だと一度資格を取れば価値が下がることが少ないため、就職にもつながり安定した職業といえます。
それだけに、資格を取るにはたくさんの受験準備と時間が必要となり、余裕をもって計画的に進めるとよいでしょう。
仕事のキャリアアップを目的としていれば、まず自分の仕事にはどのような資格を取れば役に立つのかよく調べる必要があります。
仕事の能力にあった資格を取り、もっと伸ばしていければ、会社での評価も高まります。
趣味を目的とした資格であれば、簡単に取得できる内容のものが多いので、仕事などに無理のないよう空いている時間を利用して、少しずつ楽しみながら取得をめざすことをお勧めします。

資格によっては、受験資格が必要なものもあります。
資格を選ぶときに受験資格が必要かどうかも一緒にチェックすることをおすすめします。